表題に戻る
4)
 一日走ってそろそろ日がかげるころ、気温が急速に下がり始めた、あたりには練習する人の姿は既に無い。生き物を拒絶するような寂しいモノトーンの銀世界の夕暮れに命の痕跡が点々と続いていた。
表題に戻る
下の写真をクリックしても戻ります