118)元旦宗谷岬ツーリング2016
「燃焼室」に戻る 表紙に戻る
関連ページ
00年/01年/02年/03年/04年/05年/06年/07年/08年/09年/10年
/11年/12年/13年/14年/15年/16年
毎年行っている宗谷岬の年越しツーリングの様子です。
2015年12月30日〜2016年1月3日
  新たな目標
実は2016年12月現在でこのページを作っている。
そもそも「がんばれ難病患者日本一週激励マラソン」の速報性を求めてスタートしたホームページがついに周回遅れになるか?冗談はさておき速報性は必要ないにしても一年更新無しは長すぎでした。心配をおかけしてすみません「再び三途の川ツーリングに逝った?」とかそういう事ではありません(笑)

それは単に頭の回転数が落ちてきて文章が作れない、考える程に手が止まる、やるべき事は次々と、そうこうしているうちに次の年が迫ってきました。

改めて元旦宗谷岬ツーリング2016の心境
5年前に行ってきた三途の川ツーリング、得るもの多々失うもの少々、今回は少々の一部を取り戻すチャレンジをしたい。垂直の氷と向き合う遊びに復帰する。その可能性を探る旅

1)

大晦日前日、西興部村のログハウスに酒瓶達が集合した。
ニシオコッペ村は元気な村、森の元気をいただける

2)

層雲峡の柱状節理にかかる氷柱
思い返せば2011年3月10日に山の大先輩に連れられて網走のはやぶさの滝に登ったのが最後の滝登りだった。その後の事情により再び氷に爪を立てる遊びはもうする事は無いと思っていた。しかし別件のロープスライダー構築に取り組む中で良い道具と出会い、再びその可能性を試す気持ちになった

3)

大晦日の音威子府駅前通
暗くなって層雲峡を出発し向かった先は美深温泉、
風呂上りにカレーを食べて年越しそばの代役とした

4)

2015年大晦日の夜、漆黒のサロベツ原野を来年に向かって走る

5)

2015年12月31日23時49分撮影
今年も多数のバイクが年を越しに宗谷岬にやってきていた

6)

2016年01時52分撮影
最北のコッパーさん

7)

日の出時刻に合わせて丘の上から花火が上がった

8)

雲間から2016年初日の出

9)

宗谷岬望楼は老朽化の為閉鎖されていた

10)

昨年ここで一緒に年を越したバイク仲間が大怪我を負っていた。それはしばらく仲間内にも知られていなかった。復活の願いを胸に皆で雑煮を食べた
 今回ホームページのアップが2016年12月29日になりました
その言い訳は熊本への思い含みで次年持ち越しです
 
 
現在地点===「燃焼室」趣味の部屋
118)元旦宗谷岬ツーリング2016

関連ページ

2000年…00)日本一周最終章

2001年…3)元旦宗谷岬初日の出ツーリング

2002年…18)元旦宗谷岬ツーリング2002

2003年…30)元旦宗谷岬ツーリング2003

2004年…34)元旦宗谷岬ツーリング2004

2005年…43)元旦宗谷岬ツーリング2005

2006年…49)年始め宗谷岬ツーリング2006

2007年…54)元旦宗谷岬ツーリング2007

2008年…67)元旦宗谷岬ツーリング2008

2009年…79)元旦宗谷岬ツーリング2009

2010年…83)元旦宗谷岬ツーリング2010

2011年…93)元旦宗谷岬ツーリング2011

2012年…97)元旦宗谷岬ツーリング2012

2013年…100)元旦宗谷岬ツーリング2013

2014年…103)元旦宗谷岬ツーリング2014

2015年…108)元旦宗谷岬ツーリング2015

>2016年…118)元旦宗谷岬ツーリング2016
「燃焼室」に戻る
下の写真をクリックしても戻ります