125)東日本大震災 復興応援活動
野田村 東日本大震災7周年追悼式典に参列させてもらいました
東日本大震災 大津波記念碑
 
〜二度と村民の命を失わないように〜
 教訓
 一、地震があったら津波を考える
 二、津波のときは高台に避難する
 三、避難したら絶対に戻らない
 四、避難場所や方法は家族や近所で相談しておく
 五、避難するときは隣近所に声がけをする
※岩手県野田村 東日本大震災 大津波記念碑 刻まれた言葉を転記
野田村を守る坊潮堤の建設が進んでいました
 
旧大槌町役場は保存か解体か意見が分かれている
町の風景は大きく変わっていました
復興を支えた仮設商店街は使用期限が迫っています
美しかった海岸には未だ大物瓦礫が
引き摺ると まるで海亀の上陸痕のようになった
震災遺稿として復活させた陸前高田の一本松
巨大ベルトコンベアーは役目を終え姿を消していた
三陸鉄道北リアス線は久慈から宮古まで復旧
カナリアの歌声響く愛宕食堂は思い出の空へ飛んでいった
それぞれの復興を遠くから応援しています
 
「燃焼室」に戻る
下の写真をクリックしても戻ります