東日本大震災三周年追悼式
新規投稿者 管理人  投稿日 2014/3/21(金) 17:26:50  全削除
先週3月11日、宮古市主催の追悼式に参列させてもらいました。
遺族の方のお話は重く辛いものがあり考えさせられる追悼式でした。

今回は仮設にお住まいの方に自宅でご飯をごちそうになりました。
仮設住宅での越冬は想像以上に我慢を要する部分が多い事がわかりました。
仮設住宅は集団での避難所生活よりは「まし」という事で、その「まし」という状態が三年続いてる。という現実でした。

何をどう書いたら良いのかわかりません。

返信 4 なま残  投稿日 2014/4/15(火) 22:44:46  削除
辛い思いをしている人がいたら、一緒に辛くなるのは
普通のことでしょ?・・・
共感は、相手の思いを受け止める
一歩だと思っています。

シジュウカラのネタ・・・
絶対喜んでくれると思います!
喜ぶ?というか元気づけられるネタだと
思うので是非ともお持ち帰りください。

てか・・私もシジュウカラの癒し
おすそ分けして欲しいです!!
多少ブレた画であろうと、公開してくださいね〜
楽しみにしています♪

返信 3 管理人  投稿日 2014/4/10(木) 23:31:38  削除
なま残さんリアクションありがとうございます。

周りが心配してしまうほど自分で読んでも暗い文を書いています。
それはプレハブ仮設住居の現実を知ってしまった事で、それも一部でしか過ぎないですが、
とても明るい気持ちにはなりにくい。そんな状態です。

昨年は入院治療中で、追悼式もかわいキャンプの閉所式も行く事が出来ませんでした。
今年は状況が良くなった。その方向に一歩進めた。そのように考えてみようかと、、、


昨年実現出来なかった「シジュウカラの巣箱カメラ」今年はバッチリ設置出来ました。
庭に設置した巣箱の中からのリアルタイム画像が、無線「WiFi」で室内のiPADminiモニターで観察出来て
画面上から遠隔操作で動画録画と写真撮影が出来てしまいます。

小さな命の誕生から巣立ちまでを全部観察出来るかもしれません。
もし良い絵が撮れたら、仮設のサロン活動のネタに活用したいと思っています。
実は昨日あたりから小さなお客さんが現れ、巣材を運び込んで準備を始めました。

今日は巣箱の確認に来ていましたが、雨天なので巣材を運ぶ作業はしませんでした。
メスが巣箱に入り巣材を少し整えて帰っていきました。
「シジュウカラ」めんこいです。
返信 2 なま残  投稿日 2014/4/6(日) 23:12:08  削除
そうか・・一歩一歩ですよね。



返信 1 管理人  投稿日 2014/4/1(火) 23:22:44  削除
2014年4月1日になりました。
「下手な考え休むに似たり・・・」そんな状態に陥っているような気がします。
1)最善の方向を考える。
2)その方向に一歩進む。
この新年度は1)と2)の繰り返しで行きたいと思います。

返信する

パスワード

一覧へ戻る