次へ
8)
 ストッキングの代替ベルトは表面がつるつるで滑り易く、同じく表面のつるつるのプーリーと摩擦力はあまり期待できませんが、それを見越して短めにベルトを作りタイヤレバーを使って張力強めにセットします。動作確認すると、ほぼ丸断面の代替ベルトがみみ(縁)の低いプーリーから外れてしまう事も無く、実験上ではスムーズに回ってくれます。

 始動準備を整えて、駐車場に面した道路までバイクを押していき路面の傾斜を利用して低い方に向かって一気に押して走ります。加速がついた所ですかさずクラッチを繋ぎ、エンジンを掛けます。ダッシュ3回目で押し掛けが成功してエンジンに火が入ります。 すぐに安定したアイドリング状態になり、発電機もしっかり回っています。試しにライトを4灯全部点けてみますが問題ありません。
表題に戻る
次の写真に進む
下の写真をクリックしても表題に戻ります