次へ
12)
 一度目は短めに作りすぎ、装着途中に張力に耐えられずに切断してしまいました。 二度目はベルトの溶け代を見て長さをミリ単位で調整して、焦がさないよう慎重に溶着をしてベルトを作ります。
 また装着時に失敗しないように、ギアは6速にして後輪を浮かせて足で回し、クランクシャフトを回転させながら、タイヤレバーを使って少しづづプーリーにベルトをセットします。
表題に戻る
次の写真に進む
下の写真をクリックしても表題に戻ります