次へ
16)
 スタートして直ぐに赤信号に捕まってしまいました。交通量ほぼゼロの深夜の天塩町内で連続して赤信号に捕まってしまう不運。クランクシャフトプーリーが加熱してベルトが溶け始めたらそれで万事休す。今までの例から旗門は約3分です!

 目の前に立ちはだかる赤信号に向かって声にならない声が、「早く早く早く早く早く早く早く早く早く早く・・・・・・・・・・プチッ!」「あ゛〜っ!」エンジンが止まりました。虚しく信号が青に・・・切れたベルトの裏側は溶けて黒く焦げていました。
表題に戻る
次の写真に進む
下の写真をクリックしても表題に戻ります