次へ
5)
 登り口からしばらくの間は地元小学生の手による看板が点在して目を楽しませてくれます。
 「けがをしないように気をつけてください!」 やさしい文面です
 
表題に戻る ・・・・・・・・・・