10)十勝清水 円山展望台
目次に戻る 燃焼室に戻る
 快晴の展望台
 十勝清水のある円山展望台にクロスカントリースキーを履いて登ってみました。
写真を拡大
181)
 日高山脈の山々に向かって雪道を歩き始めます。
写真を拡大
182)
 ここはすで雪遊びの場所として訪れる人もそれなりにいるようです。
写真を拡大
183)
 ここから右上に見えている頂上まで、ちょっとした登りが始まります。
写真を拡大
184)
夏の間はここは砂利道の急登です
写真を拡大
185)
 クロスカントリースキーで山に登る時には、登りより下りのルートを考えながら登ります。
写真を拡大
186)
 頂上のあたりは風によって吹き溜まりが出来てそれが固まって面白い造詣を作り出しています。
写真を拡大
187)
頂上駐車場に向かう道も雪に埋もれています。
写真を拡大
188)
 雪の表面は硬いものの、中は柔らかく細身のスキーで歩くと一歩一歩切れるように埋まります。
写真を拡大
189)
冬の十勝晴れの十勝平野
写真を拡大
190)
今さっき登って来た道が眼下に見えています。
写真を拡大
191)
一見白樺風のコンクリート製展望台(笑)
写真を拡大
192)
十勝平野芽室方面の展望です。
写真を拡大
193)
展望を満喫したら、今度はスキーを楽しみます。
写真を拡大
194)
 狭いバランスポイントに乗って転ばないように滑り降りていきます。
写真を拡大
195)
 転んでもたいして痛くもないので、思い切って滑ります。
写真を拡大
196)
 風があるので、登りにつけたスキーのトレースがすでに消えかけています。
写真を拡大
197)
雪の斜面を自由に滑ります。
写真を拡大
198)
 格好のよいシュプールを刻みたい処ですが、調子に乗ると転ぶので無難に滑ってしまいました(笑)
写真を拡大
199)
 緩やかな斜面を滑っていきます。表面はやや硬く内部はサクサクの雪質です。
写真を拡大
200)
 登って来たトレースを辿って滑ります。すでに風に吹かれて消えかけていますが、うまく中心部に乗って滑ると徐々に加速がついて面白いほどスピードが出ます。
 登り時間の三分の一程で下れる事が面白い!
目次に戻る
下の写真をクリックしても戻ります