次へ
116)
 下りでスピードが付くと、クロスカントリースキーは不安定な状態になります。それをコントロールする事に意識が集中してしまうので自分がどういう状態で滑っているのか基本的な部分に気が回らなくなります。ストックの先端には鋭利な金属チップがついており、それを高い位置に上げて滑る事は周囲の選手に危険にさらします。
 
縮小写真に戻る ・・・・・・・・