次へ
122)
 左に傾いた急斜面カーブ、皆一応に斜面側のスキーのエッジに体重を掛けて減速しようとするので、必然的にカーブの外側に連なる形になります。この状態から抜け出すには内側の開いている場所を通り抜けます。クロスカントリースキーは一般的なゲレンデスキーとは異なり、エッジを立てて減速したりカーブするようには出来ていません。左右の板を小さく踏み代える事で方向を変えてバランスをとります。それはトレーニングによって身につけるスキー技術です。
 
縮小写真に戻る ・・・・・・・・