次へ
7)
 彼らは7年前にも同じようにしてここを訪れていまする。 当時と同じくタイヤに手製スパイク付きワイヤーを セットしてここまで走ってきています。三人で力を合わせて進んでいく姿は以前のまま変わっていません。バイクは基本的に個々にそれぞれ独立したものですが、それゆえに、助け合う姿が絵になるのかもしれません。
 
次の写真に進む
表題に戻る
下の写真をクリックしても表題に戻ります