次へ
7)
 日中、土佐湾にそそぐ仁淀川の河口付近で湾岸道路の駐車帯にバイクを停めて防波堤に座り地図を眺めていると、横に軽自動車が停まり、出てきた若い娘が防波堤に膝小僧を抱えて体育座りをしている。その距離7〜8メートル。平行に海を見ながら、ちらちら気にしながら空気を読みつつ地図を眺めつつしばらくして声を掛けた、

 地図を見ながら近場の温泉について聞いてみた。わりと近くに温泉があるとの事で、その温泉の割引券を持っているはずだと財布の中やバッグの中を捜してくれている。・・・海を見ながら少し話しをした。よさこいについて聞いてみた。鳴子踊りは小学生の頃から踊っていて大好きだけど観には行かないという、行くと知り合いが皆踊っていて自分も踊りたくなるからだと、彼女の会社ではよさこいは禁止されているらしい、練習に時間をとられて本業がおろそかになってしまうからという理由らしい。・・・

 目的の温泉付近まで一緒に走って「ここだよ」と車内から合図をくれた、別れ際手を振ると会釈して去っていった。車でぶらっと出かけるのが好きだという土佐弁を使いコロコロ笑う小柄な娘だった。
 
表題に戻る
次の写真に進む
下の写真をクリックしても表題に戻ります