122)熊本地震 災害ボランティア活動 その2
誰もいない夜のウランメッセ駐車場
グランメッセ熊本の駐車場に避難者の姿は無かった
2016年4月14日から発生した熊本地震の被災地で同年お盆明けに二度目の震災ボランティア活動をしてきました。今回は四国と九州への応援観光を含めた夏の旅です
想定外の強い地震が続発した熊本地震
熊本地震の発生状況(震度5以上抜粋)
2016年4月14日 21時26分 M6.5 震度7の地震発生(後に前震と訂正)
41分後 M5.8 震度6弱の余震発生
31分後 M5.0 震度5弱の余震発生
5分後 M5.1 震度5弱の余震発生
20分後 M6.4 震度6弱の余震発生
3分後 M5.0 震度5強の余震発生
1時間47分後 M4.8 震度5弱の余震発生
23時間27分後 M7.3 震度7の余震発生(後に本震と訂正)
19分後 M5.4 震度5弱の余震発生
1分後 M5.9 震度6弱の余震発生
1時間18分後  M5.9 震度5強の余震発生
52分後 M4.2 震度5弱の余震発生
3時間16分後 M5.8 震度6強の余震発生
12分後 M5.4 震度5弱の余震発生
2時間25分後 M4.8 震度5弱の余震発生
2分後 M5.4 震度6弱の余震発生
6時間12分後 M4.5 震度5弱の余震発生
2日と4時間39分後  M5.4 震度5強の余震発生
21時間11分後 M5.8 震度5強の余震発生
2時間55分後 M5.5 震度5強の余震発生
10日後 M4.5 震度5強の余震発生
2ヶ月後 M5.2 震度5弱の余震発生
2ヵ月後 M5.2 震度5弱の余震発生
+震度4が115回 +震度3が361回 +震度2以下は無数に続発 
当初被災者の方から落下物の散乱した室内を「片付けるのを諦めました」という話を聞いた時は まるで状況が想像できませんでした しかし地震を具体的な表にしてみると その異常さが見えてきます これは専門家と言われる人達でさえ「想定外」だったらしく この後地震予知の見解について方向が変わってきます
~~~
前回熊本まで震災ボランティアに向かった時には、それが最初で最後の活動になると思っていました。しかし震災現場の活動で思う所があり、しばらく中断していた夏の旅を兼ねて再び熊本に向かいました

地震発生から3ヶ月経過し、熊本市災害ボランティアセンターは当初開設されていた市内中心部の花畑広場(はなばたひろば)から 震災で閉園中の熊本市動植物園駐車場に場所を移動し ボランティア募集も週末のみと規模を縮小して活動していました

そこで金土日と週末ボランティア活動を行い、募集の無い週中は九州観光にでかけます。前回もボランティアの合間を見て鹿児島に行く考えもありましたがかないませんでした 今回は募集が無い日が4日連続するので確実です

前回テントを張ってベースキャンプとした場所は既に新しい建物の建築が始まっていて使用できません 今回はテントは張らず ボランティアがいつもお世話になっている健康ランド「湯ラックス」に泊まります

震災から5ヶ月が経ちグランメッセの駐車場で非難生活をしていた方々はどうしているだろう・・・
 
 熊本地 震災害ボランティア活動
日程表
8月10日(水)移動日 23時30分小樽港出航 新日本海フェリー 小樽舞鶴航路
8月11日(木)移動日 舞鶴港 高速PA車中泊
8月12日(金)移動日 瀬戸大橋 香川うどん 高知よさこい 車内泊
8月13日(土)一般観光 四万十 無手無冠 四万十源流 高知屋台
8月14日(日)一般観光 剣山スーパー林道 カッパのげんさん
8月15日(月)一般観光 日和佐 カレッタ 汽車 阿波踊り
8月16日(火)一般観光 明石大橋 高速PA 銭湯 神戸北 高速PA
8月17日(水)一般観光 関門海峡大橋 熊本湯ラックス
8月18日(木)応援観光 益城復興屋台村 P泊
8月19日(金)熊本市VC活動 南区城南 解体予定家屋内家財運
8月20日(土)熊本市VC活動 南区城南 継続作業 家財搬出 大型冷蔵庫移動
8月21日(日)熊本市VC活動 東区 落下屋根瓦撤去 2トン車二台分
8月22日(月)休養日 熊本市内リアカータイヤ探索
8月23日(火)休養日 リアカータイヤ交換 左側交換
8月24日(水)休養日 益城町 南阿蘇方面探索 応援観光
8月25日(木)休養日 中島工芸社訪問 リヤカータイヤ交換
8月26日(金)熊本市VC活動 南区 倒壊家屋内片付け 貴重家財の発掘
8月27日(土)熊本市VC活動 南区 継続作業 倒壊家屋内片付け 
8月28日(日)熊本市VC活動 南区 解体予定家屋 片付け
8月29日(月)休養日 肥後大津探索 柿の葉寿司 益城復興屋台村
8月30日(火)休養日 熊本城二の丸広場 ちょんかけ練習 夜益城復興屋台村
8月31日(水)休養日 地元tさんと天草方面探索 大空ちゃんぽん
9月1日(木)益城町VC活動 震災瓦礫集積場仕分け作業 金属資源回収
9月2日(金)熊本市VC活動 西区 解体予定家屋片付け
9月3日(土)熊本市VC活動 東区 瓦の袋詰め 二トン車1.5台分
9月4日(日)熊本市VC活動 台風活動中止 九州応援観光
9月5日(月)休養日 九州応援観光
9月6日(火)休養日 九州応援観光
9月7日(水)休養日 九州応援観光
9月8日(木)益城町VC活動 宮園 倒壊家屋片付け
9月9日(金)熊本市VC活動 西区 住居二階土壁崩壊室内清掃 高速減免申請
9月10日(土)熊本市VC活動 東区 独居高齢者 家財移動等
9月11日(日)熊本市VC活動 中央区 大型家具テレビ等搬出
9月12日(月)移動日 土産応援 益城町復興屋台村 柿の葉寿司 香梅 益城熊本IC
9月13日(火)移動日 高速道路北上 刈谷PA温泉 車中泊
9月14日(水)移動日 高速道路北上 八戸IC下車 久慈古墳の湯泊
9月15日(木)東北被災地巡り 22時八戸港出港 シルバーフェリー八戸苫小牧航路 
9月16日(金)移動日 苫小牧西港6時7分上陸 午前帰札 
 活動詳細目次
 無手無冠カッパライダー 1) 8月10日~8月18日
札幌から熊本まで観光しながら移動
熊本応援観光
柿の葉寿司を整形する道具 2) 8月19日~8月28日
熊本市災害VCで活動
九州応援観光
大盛りちゃんぽんの写真 3) 8月29日~9月7日
熊本市災害VCで活動
益城町災害VCで活動
九州応援観光
熊本VCのクマモンプレート前でボラ四名の集合写真 4) 9月8日~9月16日
熊本市災害VCで活動
益城町災害VCで活動
熊本から札幌へ帰還
 
被災者に寄り添う
被災し全壊判定家屋に居住を続ける独居高齢者 そこに災害ボランティア投入 依頼者に寄り添い 全力で手伝い激励する 家屋は片付き生活環境が改善 依頼者は元気になる
+++
一方 独居高齢者の家族は 危険な全壊家屋に住むのは諦めて 家族の自宅か仮設住宅に引っ越して欲しいと願っていた

実家の片付けに入らない家族の考えは分からない。ボランティア依頼者にはそれぞれ 外から見えない背景があり言葉に出来ない事情がある

善意が目的の方向に作用しているのか?確信がもてない時があります。孤立する依頼者に寄り添う事で予期しない副作用が出る事も・・・

それでも「一人のボランティア」として考え慎重に活動する 年々「慎重に」の部分が強化される傾向にありますが それは行動を起こさない方向に作用する

必要と思う「御節介」は焼いてみる 行動を起こす方向の考えは弱めない
 
復興への願いが書かれたホワイトボード
益城復興屋台村のメッセージボード 
 
「燃焼室」に戻る
下の写真をクリックしても戻ります
戻るボタン画像