シジュウカラ日記
2014年8月20日
巣立ち 32日目
昨日 カレンダーに戻る 明日
巣箱カメラの撮影に失敗したので
おまけで利尻島の森の写真を載せました。
説明の為撮影時間が前後します
この先に、落ちかかっている枝がある木があります。強風等で落ちてくる恐れがありますので、通行の際には十分注意してください。との記載がある頭上注意の標識の写真
14時55分撮影
原生林には至る所に老木があります。遊歩道に近い所の大きな朽木には落ち枝に注意するように表示がされています。

強風の日には原生林に入らないほうがいいようです。過去には北海道内にある原生林のキャンプ場で倒木によってテントが押し潰される死亡事故も発生しています。
遊歩道そばに立つ木ツツキによる穴だらけの朽木の写真
15時05分撮影
老木には木ツツキの仲間が開けた穴が無数にあいています
遊歩道から少し離れた場所に立つ穴だらけの朽木の写真
12時57分撮影
これは幹周り2mはある大木です。既に枯れていて上方は折れています。
木ツツキの開けた穴が無数に開いています。調べれば巣穴に使われていた穴もあるかもしれません。
背の高い朽木から落下してきた太い枝が円状に散乱している写真
12時53分撮影
枯れた大木の周囲には落ちた枝が幹を中心に散乱しています。

周囲の草木は高い所から落ちてくる大きな落ち枝に潰されています。
まるで大木を中心に円形に整地したように高い草木がありません。

大きな老木が命を終えると周囲の小木も巻き添えに倒され、木々が独占していた空間が開け地表まで光が入り新たな芽吹きのチャンスが訪れます。
幹の深い部分から抜けてきている落ち枝の根元の写真
12時53分撮影
落ちた枝を見ると根元から抜けていて、幹には深い穴が開いています。
鳥達はその穴を拡張して巣穴に使っているようです。

市販の巣箱のデザインで円形の薄い板を張って中心に巣穴を開けたものは、この幹の穴の模様を真似たものなのかも?
幹周り2m程の大木にそれを貫通する勢いで開けられている野鳥が掘った大穴の写真
14時01分撮影
こちらはパワーのある木ツツキが開けた大穴です。比較的根元に近い所を力技で削り進んでいます。まるで大木を切り倒そうとした痕跡のように見えます。
内部が広がっている幹に開けられた巣穴の写真
14時01分撮影
樹液が多量に出ているので巨木は未だ生きていますが中心部まで大穴が幾つも開けられています。

巣穴にするつもりで掘ったのか、他の目的で掘ったのかは、赤い帽子を被った本人に聞いてみないとわかりませんが、こうなるとこの巨木はいずれ朽ちて折れてしまうでしょう。
地上7m付近で折れてしまっている太い枯れ木の写真
13時12分撮影
いずれ大木は折れて倒れ、倒れた方向の木々を巻き添えにして、森の上空に空間を生み出し、地表まで光を届け、新たな芽吹きのチャンスを作り出します。
朽ちた倒木の根元も朽ちてバラバラになっている状態の写真
14時49分撮影
倒れ残った根元はやがて朽ち崩れて
朽ちた大木の根元の上から新たな芽を出してる二段重ねの木々の写真
12時59分撮影
その上に新しい木が育つチャンスが生まれます
折れて地面に転がっている倒木の木ツツキの開けた穴から新しい芽吹きをしている写真
14時30分撮影
倒木に開いた木ツツキの穴は苗ポッドのように新しい芽吹きを育みます
木ツツキの穴では育まれている三つ葉の苗木の写真
14時30分撮影
生まれたての100年後の大木を目指す子供達
営巣を観察し始めた頃、シジュウカラが巣箱の入り口の硬い木材を突っ突いて広げようとしていました。その時の力強さを考えると、朽木に巣穴を掘る能力がある事は容易に想像がつきます。

スズメより小さなシジュウカラの突っ突きパワーを元に考えると、赤い帽子を被った真っ黒な大木ツツキは相当な力がありそうです。実際に大木に開けられた大穴を見ると、想像を超える力を感じます。

彼らは山の神組合とかの誰かに業務委託されて選択的伐採による森林管理をしているようです。

鳥達が暮らす為には森林が必要で、森林が健康を保つ為には鳥達の力が必要です。しかし原生林や森林が少なくなり、鳥達のすみかも少なくなっています。

シジュウカラは仕方なく人の暮らす環境に適応して生きている。人が増やしてしまったカラス軍団のいる人里と小さな森林を行き来して暮らしている。

小さな森林で餌の虫は捕まえられても、巣穴に出来る大きさの枯れ木は多くない。巣箱を掛けてあげる事はシジュウカラ的にはとても助かる事ではないだろうか?
2014年8月20日
巣立ち 32日目
昨日 明日
カレンダーに戻る
下の写真をクリックしても戻ります