小鳥室2020 ヤマガラ日記
2020年4月27日 ヤマガラ営巣開始 14日目 産卵開始 1.3)04時49分
一つ前 一覧表に戻る 次へ
1)滞在時間30分 → 1.1)〜1.4)に4分割
ヤマガラ産卵の瞬間
1.3)_2020_0427_044518_044910_1f
ヤマガラ産卵の瞬間
mp4ビデオ 1分57秒 7MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0427/
2020_0427_044518_044753_1e_1m57s_7mb_240p3.mp4
=
※高画質版 データー量注意 17MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0427/
2020_0427_044518_044753_1e_1m57s_17mb_480p9.mp4
一個目産卵 04時45分(ビデオ開始1分47秒)
観察すると 1)呼吸が荒くなり(断続的な呼吸音197秒) 2)声を上げるようになり(断続的に声を上げる77秒) 3)産卵に至る 4)痛みから解放されて脱力168秒 5)回復して活動再開 となる。
断続的に声が出る程 産卵は辛い事らしい。 卵を押し出す筋肉の収縮と、押し出されないように抑えている筋肉の弛緩が同時に全力で作用している事を考えると、それが呼吸に影響与える事は容易に想像がつく
ヤマガラの産卵
2020_0427_044518_045158_1g
産卵直後から活動再開まで
mp4ビデオ 1分47秒 4MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0427/
2020_0427_044518_045158_1g_1m47s_4mb_240p2.mp4
=
※高画質 データー量 8MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0427/
2020_0427_044518_045158_1g_1m47s_8mb_480p5.mp4
ヤマガラ母鳥は痛みから解放された瞬間、脱力して寝てしまう。それほど産卵の痛みは強いという事か? 脳は強い痛みを受けるとそれを緩和させる対抗物質を生成してバランスを取ろうとするらしい。シーソーの錘が外れて反対側にストンと落ちるような寝落ちは起こりえる
2020年4月27日 ヤマガラ営巣開始 14日目 1.1〜1.4)04時49分 営巣ログ
b)巣床作成
b_1)両脚を使って_巣材を撹拌細分_ 11
b_6)嘴で漉き込み_ 129
※滞在時間 30分13秒 産卵+営巣作業
d)産卵
d_1)卵床待機開始 04時38分07秒
d_2)第1収縮痛開始(呼吸音) 04時44分36秒
d_2b)第2収縮痛開始(発声) 04時47分53秒
d_3)産卵 1 04時49分10秒
d_4)脱力終了 04時51分58秒
d_5)卵床離脱 05時08分20秒
※第1収縮継続時間 3分17秒
※第2収縮継続時間 1分17秒
※産卵後脱力時間 2分48秒 睡眠+身動きせず
関連ページ 往復リンク
巣穴から顔を出しているシジュウカラの写真 小鳥室 2014年4月25日 シジュウカラ日記
シジュウカラの産卵行動について
一つ前 一覧表に戻る 次へ
下の写真をクリックしても戻ります
一覧へ戻るボタンの写真