次へ
4)
 みずみずしい真っ赤なトマトに目が止まりました。「今この場で食べたいから、この美味そうなの一つちょうだいな」一つ貰って流水で冷やしつつ洗って齧り付きます。爽やかな甘味と酸味が広がる草原のフレーバーが吹き抜けます。 路地物は美味いな〜と思いつつ産地を見ると、

 ・・・ん?北海道の南幌産!・・・という事は同じ小樽発のフェリーに乗っていたのかも?子供の頃庭に実ったトマトを投げ合って遊んだ目で見るとこのトマトは表面が均一に固く中が超ジューシーという理想的なトマト爆弾ですね、
表題に戻る
次の写真に進む
下の写真をクリックしても表題に戻ります