次へ進む
1-3)
 アイヌの人達はこのような仕掛け弓矢を使って羆を狩猟していたようです。羆の通り道に弓を仕掛け羆が紐を引っ掛けると、真横から心臓の位置目掛けて矢が飛ぶように仕掛けられています。鏃(やじり)にはトリカブトより抽出された猛毒が塗られています。矢が刺さると毒によって心臓が止まってしまいます。

 アイヌコタン(人の村との意味)に近よる羆はアイヌに獲られて食べられてしまうのです。
そうして羆はアイヌ(人という意味)を恐れるようになり、人の生活圏に近寄らないようになります。
 
次の「羆の話」に進む
「表題」に戻る