次へ
7)
 時代の流れでしょうか日本最北端の碑のライトアップが消えています。よく見るとテントの前にスノーブロックを組んで風避けにしているテントがありました。このテントはジオデシック構造といって最小の材料で最大の強度を発揮出来るように考えられたテントです。ここに林立するテントの中では一番強度があるテントですが、さらに風避けを作っています。

 これは想像ですが、岬の突端で吹き曝される風の威力を知っていながら、あえて自然に立ち向かって遊んでいるのではないかと思います。ここで吹き飛ばされたとしても命に別状はありませんので。中で酒でも飲みつつ暴風を楽しむつもりだったのではないでしょうか?自然の猛威に立ち向かう道具達は持つと嬉しくなります。そして試してみたくなります(笑)
 
次の写真に進む
表題に戻る
下の写真をクリックしても表題に戻ります