次へ
20)
 ここは留萌駅前商店街です。 たとえ店が閉まっていても、昔ながらの商店街にはどこか温かみを感じます。かつて装備が貧弱だった頃、深夜に猛吹雪にやられてエンジンが冷え切りアイシングを起こしてピンチの時、商店街のアーケードに逃げ込み、裏に捨ててあったしわくちゃなダンボールに救われたことがありました。

 大規模スーパーの進出に負けずに、地域に根を張った商売を続けてほしい、などと思うのは旅人の勝手なたわごとです。 「悪い病気は無くなってしまえばいいのに」と子供のような事を真剣に願う年越しになりました。
 
おまけに進む
表題に戻る
下の写真をクリックしても表題に戻ります