おまけ
バーサーロペットの帰り道・・・夕暮れ時の良い景色が目に入りました。
 良さそうな風景を見つけて写真を撮ろうと、後続車を避けるために油断して路肩に寄った所・・・まんまとはまってしまいました。(笑) 雪の下は用水路が通っていて空洞になっていました。

 ふだん慎重に運転しているつもりになっていても、なんのことなはない所で馬脚が出ました。はまった瞬間ドジが可笑しくて一人で大笑いしてしまいました。

 完全に左の車輪は前後とも空中で空回りしています。右の車輪も氷と道路の境目で微妙に2〜3センチの空中散歩をしています。見事に硬い氷の上でカメの子状態になりました。 
こうなっては4輪駆動も歯が立ちません。
 車体の下回りを確認するも特にダメージは無さそうです。状況から後ろに脱出するのが良さそうです。 ・・・マラソンで消耗した身体にもう一度スイッチを入れて、スコップで掘って脱出準備を進めます。

 車体の周りを調べるうち硬いと思っていた雪を踏み抜いたら腰までまでずっぽり埋まってしまいました!用水路の上は大きく空洞になっていました。なかなか深刻な事態です。用水路の空洞が大きく崩れたら下手すりゃゴロンかパタンぐらいはありえます(汗) 
 車でパタンはいやだなぁ〜と思っていたら、ほどなく一台のミドルサイズのRV車が助けに止まってくれました。状況を話して段取りして無理をしない範囲で試しに引いてもらいました。

 要救助車のほうが明らかに重いのですが、牽引モードの変速ギアを装備しているこのミドルサイズのRVは自分より重い車をあっさりと引っ張り出してくれました。感謝感謝です!
 脱出成功してから現場を現状復帰して、やれやれと当初の目的の丘に登って写真を撮りました。

でもすでに美味しい光はとっくに終了していました。

 「情けは人の為ならず」・・・人に掛ける情けは廻り廻って自分に帰ってくるということわざが染み入る夕景でした。
バーサーロペットジャパン2008 に戻る
下の写真をクリックしても戻ります