次に進む
8)
 サミ族の靴です、底部に施されたトナカイの毛革によってバインディング底部に貼り付けられた毛皮との毛足の方向をかみ合わせるようにする事によって、常に前方に靴を推し進める力が働き続けるような構造にする事によって、簡単なストラップ(皮ベルト)で靴の先端部、拇指球の部分を抑えるだけで、スキーのコントロールが可能になっているものと思われます。
*常設展示物
次の写真に進む
表題に戻る
下の写真をクリックしても戻ります