次へ
11)
 知床峠は凍結によるスリップ防止のため所々路面に細かな溝が刻んであります。 溝切り路面ではタイヤの接地面が部分的に断続する事で摩擦力が減って急カーブでは微妙に滑るようになります。特に二輪車は走行特性の影響を感じる事が出来ます。それはセルフステアと呼ばれる二輪車特有の回旋舵角追従反応が弱められる事に起因しますが、そもそもこのバイクはサスペンションの構造上セルフステアが弱いので大勢に影響はありません。

 それよりここでは「ブラックアイスバーン」のような事故に直結してしまう滑り方を防ぐ事のほうが重要です。ここ知床峠では積雪による冬季通行止めの開通と閉鎖の時期の前後一定期間は凍結による事故防止の為、気温の下がる夜間は通行止めになっています。
 
表題に戻る
次の写真に進む
下の写真をクリックしても表題に戻ります