次に進む
1)
 スタート地点は全種目同じです。そこで混雑を避ける為に種目ごとにまとめて8:50から9:30までの時間差を付けてスタートします。さらにスキーマラソン競技部門では、参加者のレベル(過去の走行タイムや予想ゴール時間)によって、あらかじめゼッケン番号を割り振りしてしてあり、スム−ズなスタートが出来るように工夫がされています。

 それは優勝争いをするような人は前の方に並び、地道に完走を目指す人は後ろの方へ並ぶように、ある意味強制力をもってコントロールしているのです。 少々厳しいように感じるかもしれませんが、遅く走る人が前列にまぎれ込んでしまうと危険な混雑を招く事になってしまいます。そんな実態をふまえた対策なのです。

 写真は50km競技の男子ゼッケン番号1301番以降、女子531番以降の選手が並ぶマイペース完走組みの場所です。
次の写真に進む
表題に戻る
下の写真をクリックしても戻ります