次に進む
6)
 片方が滑走用でもう片方が歩行用といった組み合わせで活用できる状況というのは、少なくとも平地か高低差の極めて少ない丘陵地帯。もしくはあらかじめつけられたトレースの中を走る場合に限られると思われます。移動速度が100パーセントの歩く速度であれば、あえて長い滑走用のスキーを履く必要性が無く、両方共毛皮で覆われた短いスキーをはいていれば確実に歩く事が出来ます。
次の写真に進む
表題に戻る
下の写真をクリックしても戻ります