次に進む
7)
 また、滑走面に溝が彫られているという事も、ある程度の速度での移動手段であったのではないかという予測の根拠になっています。一歩一歩の歩幅で歩くだけであれば、特にこのような高速安定性を高める細工の必要性がないからです。キックスケーターのように、あらかじめつけられたトレースの中を軽快に滑走したのではないかとの推測をしています。
次の写真に進む
表題に戻る
下の写真をクリックしても戻ります