小鳥室2020 ヤマガラ日記
2020年6月1日
抱卵開始 29日目 雛誕生 17日目 一羽巣立ち
昨日 カレンダーに戻る 明日
親鳥と同じ大きさにまで成長している七羽のヒナに給餌するヤマガラ父鳥の写真
*10:25:25 ヤマガラ父鳥の給餌
mp4ビデオ 52秒 5MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0601/
2020_0601_101547_102525_52s_5mb_240p4.mp4
=
高画質版 データー量 8MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0601/
2020_0601_101547_102525_52s_8mb_480p9.mp4
ヒナは親鳥に迫る大きさにまで成長している
一羽巣立ち
親鳥が一日の給餌を終えて塒に帰った後(18時51分)に一羽のヒナが巣箱を飛び出しました。親鳥の指示に因らないヒナ独自の判断による単独巣立ちを記録しました。
一羽目の巣立ち
*18:51:25 一羽目の巣立ち
mp4ビデオ 2分53秒 ※データー量注意 8MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0601/
2020_0601_182843_185008_2m53s_8mb_240p4.mp4
=
※高画質版 データー量注意 18MB
https://shingo.ne.jp/04kotori/020_yamagara/0601/
2020_0601_182843_185008_2m53s_18mb_480p9.mp4
一羽目の巣立ち
巣穴から親鳥を呼んでも返事が無い状態で
親鳥に因らない本能/意思による単独巣立ち
飛び立ったヒナは一直線に窓の前を飛び抜け、家の裏の笹藪まで飛び、朝まで身を隠していたようです。夕闇迫る中、鋭く一直線に飛び去る姿を窓辺に一瞬目撃したので当初は給餌を終えた親鳥だと思っていました。

巣立ち瞬間のヒナ鳥とは思えない見事な飛びっぷりでした。(直線的な飛行軌道+早い飛行速度)
夜に巣箱カメラのデータ回収後に巣立ちを確認。

翌早朝藪の中から親鳥を呼ぶ声が聞こえており、給餌にやってきた親鳥と合流していたもよう。その後しばらくして笹薮から声が聞こえなくなり、ヒナが移動したのか、声を出さなくなったのかは不明。
第四の巣立ちパターン
a)親鳥の指示に因る巣立ち
 1)全員揃っての一斉巣立ち
 2)一羽づつ個別に連れ出す個別巣立ち
 3)ヒナに危険が差し迫った時に行う緊急脱出巣立ち
b)親鳥の指示に因らない巣立ち
 4)ヒナの自由意思による単独巣立ち
a_1)=通常巣立ち
a_2)=カラスの待ち伏せ対策
a_3)=蛇やテン等の巣箱の守りの効かない敵対策
b_4)=蛇等に夜間巣箱を発見されるリスク回避か?
今回巣立ちパターンb_4)を確認、これは親鳥がヒナの成長により巣箱に夜間滞在しなくなる理由にも通じると推察。(一家の全滅を回避している)

身体の仕上がったヒナが「一晩」滞在期間が短縮する事で、巣箱内で蛇に襲われるリスクが「一晩」減り、その分生存率が上がるという淘汰の影響による行動と推察。
2020年6月1日 ヤマガラ雛誕生 17日目 時間記録_290
1)_03時11分→ 25)_06時01分〜 →290)_23時04分

1)_03時11分

25)_06時01分〜

49)_07時38分

73)_08時58分

97)_10時23分

121)_12時09分

145)_13時23分

169)_14時16分

193)_15時40分

217)_16時28分

241)_17時20分

265)_18時08分
25)_06時01分〜48)_07時37分
母鳥給餌_h9t6+羽ばたき_7
25)_06時01分
羽ばたき_8
26)_06時10分
母鳥給餌_h10t6
27)_06時13分
父鳥給餌_h10t7
28)_06時22分
羽ばたき_9
29)_06時23分
母鳥給餌_h11t7
30)_06時31分
羽ばたき_10
31)_06時33分
羽ばたき_11
32)_06時43分
母鳥給餌_h12t7
33)_06時43分
父鳥給餌_h12t8
34)_06時44分
羽ばたき_12
35)_06時50分
羽ばたき_13
36)_06時51分
母鳥給餌_h13t8
37)_06時55分
羽ばたき_14
38)_06時57分
母鳥給餌_h14t8
39)_07時02分
父鳥給餌_h14t9
40)_07時04分
羽繕い
41)_07時14分
母鳥給餌_h15t9
42)_07時20分
羽ばたき_15
43)_07時22分
父鳥給餌_h15t10
44)_07時22分
羽ばたき_16
45)_07時29分
母鳥給餌_h16t10
46)_07時31分
ヒナ分割5:2
47)_07時33分
父鳥給餌_h16t11
48)_07時37分
>次項> 49)_07時38分〜72)_08時53分
単独巣立ちは独立心の強いプリシラか?
一日の給餌が終わり、親鳥が塒に帰った後の夕暮れ時に、一羽のヒナが巣箱を飛び出しました。それは親鳥の呼び出しに因らない、ヒナ独自の判断で飛び出した単独巣立ちです。

ヒナはほぼ親鳥と同じ大きさにまで成長していますが、一人立ちにはまだ遠く、しばらくは親鳥から餌を貰いながら生きる術を学ばねばなりません。そのため巣箱を出た後に親鳥と意思疎通をする為に言葉を学習していると推察します。

親に食べさせて貰わないと生きていけない状態なのに「親の指示を待たずに」自らの意思で飛び出した理由はなぜでしょう?

それは2018年の観察にヒントがあるように思います。既に季節は進み夜間も気温が下がることは無く、天敵の変温動物である爬虫類の蛇が夜間も活動していて、「寝ている間に襲撃を受ける可能性がある」というリスクです。

昼間であれば、常に周囲を警戒している親鳥が蛇の接近に気が付き、威嚇し、場合によっては「緊急脱出」をさせる事がわかっています。
※小鳥室2018年5月30日 「緊急脱出巣立ち」
しかし夜間は蛇に巣箱を嗅ぎつけられたら全員アウトです(母鳥が巣箱に滞在しない理由もそこにあると推察)そこでヒナ独自の判断で巣箱を出て、周囲に身を隠して一夜を明かし、蛇による全滅を避けていると考えられます。

ヒナ独自の巣立ち判断基準を推察すると
a_1)夜間の寒さに耐える体力と羽毛が生え揃っている
a_2)十分な飛翔能力+掴まっていられる力がある
a_3)親鳥と言葉による意思疎通ができる

b_4)天気が良い事(風雨無し、寒くない)
b_5)付近に身を隠せる繁み、笹薮などがある
a_1) a_2) a_3) = ヒナ自ら判断する要素
b_4) = 季節的要素も含みで運不運による
b_5) = 親鳥の営巣場所選定判断による
いずれの条件もクリアしていないと、巣箱で隠れているA)「消極的リスク回避」より巣箱を飛び出すB)「積極的リスク回避」のほうが分が悪くなります。

ヒナは日中給餌の際、相当な音量で騒いでおり、天敵に気付かれる可能性が高く(カラスは知っている)、フンの受け渡しに失敗する場合もあり、巣床にフンが漏洩してヒナが踏み散らかすという事態も起きており、臭気(蛇の嗅覚探知レベル)も出ているでしょう。

巣箱が襲われる危険の高まりに対し、巣箱を飛び出すB)「積極的リスク回避」に打って出たと解釈できます。それは巧妙に待ち伏せるカラス軍団に対抗する手法でもあります。

カラスは営巣開始から、縄張り内の餌の状態を把握しており、ヒナの状態から巣立ちの時期を探っており、親鳥を観察して巣立ちの瞬間を狙う知恵があります。

親鳥に因らず勝手に巣立つ事はそのカラスの知恵すら回避する行動でもあります。親を無視して夜に向かって勝手に巣立ちしてしまうという、一見無謀に思える巣立ちでも実は、親もカラスも蛇も欺く、究極の裏技巣立ちなのかもしれません。

その個体は早くから単独行動をとっていた「プリシラ」である可能性が高いと思います。
給餌回数♀65♂42計107回 ヒナ羽ばたき127回
2020年06月01日
抱卵開始 29日目 雛誕生 17日目 一羽巣立ち
気象庁ホームページ 過去の気象データ検索(日ごとの値)参照
天気概況 昼(06:00〜18:00)晴れ
夜(18:00〜翌日06:00)晴れ時々曇り後時々雨
降水量 最低〜最高気温 平均〜最大風速 日照時間
0.0mm 13.6〜29.1℃ 4.4〜11.3m/s 13.9h
1h最大0.0mm
10分最大0.0mm
平均20.9℃
湿度49%
最大瞬間風速
南南東17.0m/s
降雪--cm
積雪深--cm
昨日 カレンダーに戻る 明日
下の写真をクリックしても戻ります
戻るボタン