103)元旦宗谷岬ツーリング2014
「燃焼室」に戻る 表紙に戻る
関連ページ
00年/01年/02年/03年/04年/05年/06年/07年/08年/09年/10年
/11年/12年/13年/14年/15年/16年
毎年行っている宗谷岬の年越しツーリングの様子です。
2013年12月31日〜2014年1月4日
 
穏やかな大晦日
低気圧通過のタイミングがやや遅れて昨年よりは穏やかな年末になりそうです。しかしその前のクリスマス寒波が尾を引いた影響で路面状況は芳しくありません。

年々天候の振れ幅が激しさを増しているように感じます。昨シーズンは暴風雪により市街地で多数の死者を出す事故が起きてしまいました。自然には従うしか無く自ら考え備え行動する。それは東北を訪れる度に思う事でもあります。

11月に一年ぶりに訪れた被災地で改めて命について考えさせられました。「年を越す」とは生きる事そのもので、明日に向かう大切な節目。生かされた命は全力で前進あるのみ。
 
2011年6月1日に自分の身に起こった命の危機を越えて三度目の年越し、今回はアフリカツインに乗って年を越したい。
開く
1)

大晦日前夜、札幌郊外で路肩に突っ込んでいる車を見つけた。路面は一見普通の圧雪アイスバーン、しかし実際には歩くのも要注意な罠のような路面だった
開く
2)

大晦日の朝、ツルツル路面にてこずるも農道の素直な雪道に救われた。この先雪雲の下は酷い降雪になっていた
開く
3)

今回アフリカツイン復活に際して引き起こし紐を刷新した。気合十分、体力不十分、道具と知恵でカバー出来るか?
開く
4)

音威子府駅(おといねっぷ)で待機中のラッセル車を見ながら駅蕎麦をいただく。ありふれた日常に温かみを感じる時間
開く
5)

順調に走って暗くなる前に稚内に着いた。ドーム温泉で寛いで、バイク仲間の忘年会に顔出して、いつもの丘の上に陣取った。新月の灯台は美しい
開く
6)

風も無く穏やかな年明け
開く
7)

バイクもテントも増えている。テレビ効果か?
開く
8)

6時15分元旦の宗谷岬から花火が打ち上がる
開く
9)

2014年元旦宗谷岬から皆様のご多幸祈ります。お蔭様で全力疾走中です!障害物は突破の方向で加速します。急な事情によりこんな姿勢でご挨拶になりましたが心の背筋は伸びており、バイクに跨り前を見据え発進体制であります
開く
10)

年越し寒波の襲来で交通が乱れましたが、良い年越しができました
 
現在地点===「燃焼室」趣味の部屋
103)元旦宗谷岬ツーリング2014

関連ページ

2000年…00)日本一周最終章

2001年…3)元旦宗谷岬初日の出ツーリング

2002年…18)元旦宗谷岬ツーリング2002

2003年…30)元旦宗谷岬ツーリング2003

2004年…34)元旦宗谷岬ツーリング2004

2005年…43)元旦宗谷岬ツーリング2005

2006年…49)年始め宗谷岬ツーリング2006

2007年…54)元旦宗谷岬ツーリング2007

2008年…67)元旦宗谷岬ツーリング2008

2009年…79)元旦宗谷岬ツーリング2009

2010年…83)元旦宗谷岬ツーリング2010

2011年…93)元旦宗谷岬ツーリング2011

2012年…97)元旦宗谷岬ツーリング2012

2013年…100)元旦宗谷岬ツーリング2013

>2014年・・・103)元旦宗谷岬ツーリング2014

2015年…108)元旦宗谷岬ツーリング2015

2016年…118)元旦宗谷岬ツーリング2016
「燃焼室」に戻る
下の写真をクリックしても戻ります